サン・スマイルが自信を持って紹介する生産者

▲生産者一覧へ
なりさわ生命食産 成澤之男 無肥料自然栽培 【米】 (宮城)


【主な生産物】・・・水稲
銘 柄:ササニシキ、ひとめぼれ
 作付面積:作付面積:約10町歩
【その他】家庭菜園程度の畑と受託による肉牛の肥育30頭ほど。

私たちの住む宮城県登米市は、日本一のJAS有機米の生産地と言われており、昔から米作りが盛んな農村地帯でした。私の生まれ育った家もそんな地域のしがない農家で、今となっては家業を継いだことになるわけですが、実は好きで農家を継いだわけではありません。なぜならば若き日の私は、実家を飛び出して自分でトラックを持ち、運び屋をやっていたからです。一日の睡眠時間が2時間〜4時間ほどと肉体的にはかなりの重労働でしたが、水揚げも一千万以上と申し分なく、なんといってもやりがいのある仕事でした。

そんな私が、なぜ家業を継いで米作りを始め、そして自然栽培に取り組むようになったのか?きっかけは、地元の稲作が盛んだったからでもなく、高値で売れるからでもありませんでした。

子供が生まれたら川の字になって寝ることが夢だった私に、長女ができたのは私が29歳の年でした。この娘が小さなときにはまだトラックの仕事をしており、家へ帰れるのは多くても一ヶ月に4回程ひと晩寝に帰るだけで、一度も帰れない月もありました。「帰るよ」と電話をすると何時になっても床につかずに私を待っていて、コタツで寝てしまって布団に運ばれてもすぐに目を覚まして戻ってくる・・・を繰り返し(笑)、朝方になろうとも、私が無事家に着くまで必ず茶の間で待っていてくれる娘でした。そんな娘が3歳になったころ、アトピー性皮膚炎を発症したのです。この出来事をきっかけに、私は子供たちの為に食の安全について考えるようになり、のちに専業農家へと転身することになったのでした。

その後は、決してスムーズではありませんでしたが、実際に作物と向き合って試行錯誤を繰り返し、また本当に数多くの方々に出会い、お話を伺うなかでたくさんの感銘を受け、有機JAS米、無肥料自然栽培米へと進むこととなりました。

まだまだ未熟者ではございますが、これからも子供のために、身体が悪くて困っている方のために、そして今は健康体だと思っている方にも将来健康を害して困ることが無いように、皆様によりよい生産物をお届けすべく精進して参ります。先生方、諸先輩方と、お付き合いいただいている企業の皆さまのご協力を賜りながら、作物に対して目一杯の思いやりと愛情を持って接し、目一杯の努力を持って生育の手助けをしていきたいと考えておりますので、皆さまどうぞ宜しくお願い致します。

すべてに感謝します。
ありがとうございます。


▲生産者一覧へ