サン・スマイルが自信を持って紹介する生産者

▲生産者一覧へ
小黒農場 小黒裕一郎 無肥料自然栽培 【高原野菜】 (山梨)


1979年生まれの横浜出身です。山梨県北杜市須玉町に移住し、2012年で8年目となりました。

農業に携わった当初より農薬・化学肥料不使用のいわゆる‘有機’でやってきましたが、2008年秋の甲府での木村秋則さんの講演がきっかけで、無肥料自然栽培に取り組むようになりました。2012年は1.5haの農場のうち、1.3haで無肥料自然栽培を実践しています(スイートコーン20aは有機肥料施肥栽培)。
無肥料自然栽培の実施年数は圃場ごとに異なり、長い所で4年となりました(まだ4年です)。  「この畑の状態なら(無肥料で)トマトは良く育つけど、小松菜は育たない」といった事が何となくですが分かるようになってきましたので、2012年は2反弱の露地雨除けトマトを主力に、今の畑の状態で確実に収穫出来る数品目に絞って栽培しました。 結果、どの畑でも目標以上の収量を得ることが出来ました。

一方、課題もたくさんあります。

今の当農場の自然栽培は、「これまでの蓄えの使い果たし農法」です。自然栽培3,4年目の圃場となると、特に葉物等は収量が激減します。そんな圃場の地力をいかに上げていくかがこれからの課題です。

2008年の木村さんの講演を機に、山梨でも無肥料自然栽培の実践者が少しずつ現れ始め、その実践者同士が情報を共有し、一緒に技術向上に向かっていけるよう、2011年春に‘木村式自然栽培勉強会@山梨’という任意団体を立ち上げました。実地での勉強会や先進地への視察、成果発表会等を行い、少しでも他県のレベルに追い付けるよう、仲間と一緒に取り組んでいます。

2012.10月現在


▲生産者一覧へ